【人事】OKI(2020年4月1日)

(2020年04月01日)

機構改革

イノベーション推進センターにイノベーション推進部、センシング技術研究開発部、ネットワーク技術研究開発部、UX技術研究開発部、AI技術研究開発部を設置

〔コーポレート本部〕
(1)人事総務部の人事総務第一部、人事総務第二部、人事総務第三部を本社・営業人事総務部、ソリューションシステム人事総務部、コンポーネント&プラットフォーム人事総務第一部、コンポーネント&プラットフォーム人事総務第二部に再編
(2)同部にリスクマネジメント部を設置
(3)情報企画部にグローバルグループIT企画室、DX推進部を設置
(4)経理部の情報通信経理部をソリューションシステム経理部に改称
(5)同部にコンポーネント&プラットフォーム経理部を設置
(6)同部のメカトロシステム経理部、EMS経理部を廃止
(7)デリバリーマネジメントセンターに業務企画部、サービスデリバリー管理部、デリバリー管理第一部~デリバリー管理第四部、フルフィルメント業務部を設置

〔統合営業本部〕
(1)企画管理部に事務推進部を設置
(2)同部の海外営業推進部、フルフィルメント推進部を廃止
(3)マーケティング&サポート本部にIoT/AIエッジ統括部、社会インフラソリューション統括部、金融・法人ソリューション統括部、ネットワークシステム統括部を設置
(4)第一営業本部営業管理部、第二営業本部営業管理部を廃止
(5)首都圏営業本部に営業第五部を設置
(6)東日本営業本部に北信越営業部を設置
(7)同部に北陸支店、長野支店、新潟支店を設置

〔ソリューションシステム事業本部〕
(1)社会インフラソリューション事業部にビジネス開発第一部、ビジネス開発第二部を設置
(2)同事業部のソリューション開発部、地域ソリューション第三部を廃止
(3)ネットワークシステム事業部にエンジニアリング部を設置
(4)ディフェンスシステム事業部の業務室を業務部に改称
(5)同事業部のSE第一部、SE第二部、システム技術部、技術第一部、技術第二部をソーナーシステム第一部~ソーナーシステム第三部、ソノブイシステム部、情報システム部に再編
(6)IoTプラットフォーム事業部のIoTソリューション推進部をIoTシステム部に改称
(7)システムセンターに技術企画部、ハードウェア基盤技術部を設置
(8)同センターサービス業務管理部を廃止
(9)本庄工場に統合企画部を設置

〔コンポーネント&プラットフォーム事業本部〕
(1)ビジネスコラボレーション推進本部にコラボレーション第一部~コラボレーション第五部を設置
(2)開発本部にLED応用開発部、DMS開発部、機構プラットフォーム開発第一部~機構プラットフォーム開発第三部、制御プラットフォーム開発第一部~制御プラットフォーム開発第三部、ファームウェア開発第一部、ファームウェア開発第二部、ソフトウェア開発部、システム開発部を設置
(3)EMS事業部EMS本庄工場に事業推進部、生産企画部、品質保証部、生産技術部、EMS生産部を設置

(1)〈自動機事業部〉
(2)プロジェクトマネジメントオフィス、サービス事業推進部、国内システム第一部、国内システム第二部、国内システム第三部、海外システム部を設置
(3)ビジネスサポートセンターに品質保証部、バリューチェーンマネジメント部を設置
(4)富岡工場に生産統括部、生産企画部、開発試作部、生産技術部、製造部、生産部、品質管理部を設置

Ohanano madoguchi

03-3501-3111